ストップ温暖化センター 環境学習

環境学習事例紹介

「地球温暖化に関する環境学習」と一言で言っても、重点を置いて学びたいことや手法はさまざま。
これまでストップ温暖化センターみやぎが行った環境学習の事例を紹介します。

事例1 地球温暖化はそもそも何が原因でどういうことが起こるのか学びたい!

対象
小学校5年生8名
日時
12/17 10:30~11:30
場所
ストップ温暖化センターみやぎ事務局
依頼内容
地球温暖化の基礎知識(原因、仕組み、影響、対策)を学びたい
内容
パワーポイントによる説明

「地球温暖化」ってなんだろう?「地球温暖化」ってなんだろう?今回の環境学習は温暖化の原因、影響、対策についてです。「温暖化について何か知ってるかな?」と質問をしたところ、「二酸化炭素が原因!」「氷が溶けている!」など活発に答えてくれました。世界の美しい自然を撮った写真集を紹介すると「すごい」「きれい」などの感想が聞こえ、続いて温暖化によって起こったと言われる世界の現状の写真では、皆真剣な面持ちで映像を見つめていました。

アンケートのグラフアンケート
  • こまめに節電するようにしたい
  • 温暖化が起こるのはまだ先のことだと思っていたけどそうじゃないことがわかった。

事例2 体験型の教材を使って楽しく授業をしてほしい!

対象
中学3年生24名
日時
9/17 8:50~9:50(1時間)
場所
第1回 図書室
依頼内容
地球温暖化の基礎知識を体験型教材を使って楽しく学びたい
内容
地球温暖化の基礎知識の説明(パワーポイント)、エネルギーバッグ

エネルギーバッグを持って重さを比較エネルギーバッグを持って重さを比較エネルギーバッグを持って重さを比較
さぁ、どの重さがどの国でしょう?!
まずは地球温暖化がどういう仕組みで何が原因で起こるのかをスライドで説明しました。温度上昇シミュレーションでは、どんどん暑くなる地球の様子に「これじゃ生きていけないよ!」という率直な感想も聞こえました。
「地球温暖化」というと自分の生活には関係ないことのような気がする人もいると思います。そこで「二酸化炭素」がどこからどれくらい出ているのかを知ってもらうために、まずはエネルギーバッグで日本人が一人当たり1日どれくらいのエネルギーを使っているかを体感してもらいました。その後は、パンを例にエネルギーについて考えました。原料を輸入したりお店まで運んだり。食べた後もゴミの処理にエネルギーを使います。知らず知らずにたくさんのエネルギーを消費しているんですね。

アンケートのグラフアンケート
  • エコライフを実践して、エネルギーをあまり使わないようにしたい

事例3 自分の生活で何ができるかを考える授業をしてほしい!

対象
小学校6年生34名
日時
第1回 1/29 10:40~12:00(1時間20分)
第2回 2/26 13:30~14:15(45分)※授業参観
第3回 3/2  10:40~12:00(1時間20分)
場所
第1回 音楽室
第2回 教室
第3回 教室
依頼内容
地球温暖化の仕組み、対策を知り、何ができるかを自分で考える授業をしたい
内容
第1回 地球温暖化の仕組みと原因(パワーポイントと環境学習教材「未来は変えられる」)
第2回 調べ学習の発表(授業の最後にセンタースタッフからコメント)
第3回 ストップ!温暖化すごろく

授業の様子 【第1回】
この日は現在と未来の地球温暖化の影響を学ぶ「未来は変えられる」を行いました。
 まず始めに温暖化の仕組みや原因についてお話をすると、授業で勉強したとあって、質問をするとすぐに答えが返ってきます。「未来は変えられる」のプログラムで、将来起こると予想されている温暖化の影響が何年に起こるといわれているのかグループで予想しました。どのグループも盛んに意見が飛び交い、真剣に考えている様子がひしひしと伝わってきました。
正解を発表すると、自分が何歳の時にどんな事が起きる可能性があるのか次々明らかになり、段々と温暖化の影響が身近なものと感じられてきたようです。 そこで、「このままでは温暖化は止まらず、暗い事ばかりの未来になってしまいます。そうならないように、今の自分にできること、将来の自分にできることを考えましょう!」とワークシートの宿題を出しました!

授業参観での発表授業参観での発表 【第2回】授業参観
発表内容は温室効果ガスについて、温暖化の仕組み、影響、どんなところから二酸化炭素が排出されているか、未来への希望など多岐に渡っています。センターからは皆さんの発表についての感想を述べました。

エネルギーバッグを持って重さを比較ストップ!温暖化すごろく 【第3回】
すごろくは一般的なすごろくにカードゲームを組み合わせたスタイルで、担任の先生いわく「カードゲームが好き」という児童さん達は、とても楽しそうに取り組んでくれました。環境に悪いけども早くコマを進む事ができる赤のカードと、進むのはゆっくりだけど環境に優しい行動が書かれた緑のカード。どちらを使うか戦略を立て、頭をひねっている様子も見受けられました。
感想を聞いてみると「家族団らんが環境にいい事がわかりました」「ちょっと不便な事もあるけど、環境にいいことをすると皆のためになる事がわかりました」など、すごろくを通して考えてほしかったことが伝わっていたようです。

授業後の感想より
  • これからは地球温暖化の資料を見直して今まで以上に真剣に温暖化と向き合って生活していきたい。
  • 今まで水は出しっぱなし、電気はつけっぱなしにしていました。でもそれが温暖化に関係していることをはじめて知りました。
ストップ温暖化センターみやぎ(宮城県地球温暖化防止活動推進センター)地図はこちら

〒981-0933 仙台市青葉区柏木1-2-45 フォレスト仙台5階  (公財)みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)内
TEL 022-301-9145  FAX 022-219-5710  
E-MAIL stop_gw@miyagi.jpn.org
業務時間:平日9:30~18:00