まちなかecoマルシェ【旧サイトの内容です】

 home >>>まちなかecoマルシェ
地産地消・身土不二
旬の朝採り野菜を味わうしあわせ♪
安全であること、安心していただけることが一番。
地元で農産物をつくる若い生産者と街に暮らす人が、
小さな公園で出逢い、楽しみ、気づき、学ぶ。
小さなマルシェOPENします。
OPEN/毎月第4土曜日11:00〜15:00
場所/新伝馬町公園
当日の出店情報等はエコマルシェのブログからご確認ください。→
マイバッグ、マイタンブラー、マイ箸持参でお越しください!
仙台市の「乾燥生ごみと野菜との交換制度」も行っています。乾燥式生ごみ処理機で処理した生ごみ等をお持ちいただくと、1kgあたり100円相当の野菜と交換できます。
 <MAP>
 
 
< 参加&出店レポート > 
2012年
■3月24日…MELONは出店なしで運営側で協力
2011年
11月26日 10月22日 9月24日 8月27日
2010年
9月25日 8月28日 7月24日 6月26
4月24日 3月27日
2009年
11月28日 10月24日 9月26日 8月24日
 主催:朝市夕市ネットワーク&エコプロジェクト

お問い合わせは
エコロ事務局(パタゴニア仙台)
TEL 022-722-2325
< まちなかecoマルシェ誕生秘話 >
まちなかecoマルシェは、
ecoでつながる仲間たちと
楽しいことを始めるために、生まれました。
エコロジーの実践と
エコロジーのココロを大切にと
エコロなプロジェクトがスタートしました。
 
出会いは、小さな公園から。
場所は、まちなかクリスロード商店街から一本入った裏通り。
パタゴニア仙台ストア(環境保全を第一に考え、アウトドア関連の商品を販売している会社)の正面と西側に小さな公園があります。
市内に住んでいる方でも、「そんなところにあったからしら?」というほどの小さな公園。

近頃、その公園に植えられた樹木には手が入らず、伸び放題。
雑草も茂り、ちょっと一休みという場所からは、遠くなっていました。
そうなると、ゴミも増えて・・・・・タバコの吸い殻もポイッと・・・・・

パタゴニアに働いているスタッフは、そんな公園を見ていられなくなりました。
「誰でも立ち寄りたい公園に」という思いを、仙台市に相談。
自ら公園整備費を出資した結果、公園は見違えるように美しく整いました。

この場所が、ずっと気持のいい場所でありますように。
そして、この場所が地域のみなさんと、手をつないでいける場所になりますように願いをこめて。

エコロ事務局(パタゴニア仙台 担当:鈴木)
Back Home

 
Copyright(C)2013 (公財)みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON) All Rights Reserved.